セールスライター鈴木ゆかこ|ホームページ文章・LP【宮城・仙台】

PROFILE

鈴木ゆかこ

鈴木ゆかこ

セールス・プロモーションライター

圧倒的なお客様目線によるしつこいヒアリングで、ターゲット・ベネフィット・売りを発掘。
感覚でビジネスしてきた女性起業家のセールスプロモーションをマーケティング支援とともにサポート。

夫の転勤により2017年より仙台在住

●マーケティング会社の業界誌出版部門にて編集補助、WEBマガジン制作

●広告代理店にて営業、デザイン、制作ディレクションを担当するが、激務により体調を崩す。「人と地球に優しい仕事がしたい」と造園会社に飛び込む

●結婚を機に退職し、10年間専業主婦として、子育て三昧の日々を過ごす

●ブログ集客の運営を任され、フリーランスとして社会復帰。以後、スモールビジネスのセールスやプロモーションをマーケティング、ライティングによりサポート。

● 感覚でビジネスを行ってきた起業家のマーケティングを言語化・文章でサポート。右脳派や研究者気質で、自分の商品をうまく説明できない女性起業家に支持される。たった1年でリピートとご紹介で2か月先まで受注が満枠に。

STORY

専業主婦から、フリーランスへ

2016年9月30日。

わたしは、人生で最も悲しい出来事を体験する。

お腹の中にいた我が子が、お空に還ってしまった。手のひらに乗るほどの小さな赤ちゃんだった。

「無事に生まれる確率は2%です」

ひと月ほど前に余命宣告を受けていて、覚悟はしていた。それでも、2%のわずがな希望にすがっていた。

奇跡を信じていた。
しかし、奇跡は起こらなかった。

わたしは、深く傷ついた。

悲しいとか寂しいとか、そんなひと言の感情では言い表すことができない。ふと気持ちが緩むと、泣きたくて仕方がなくなる。

子供の頃から学校の先生からの評価は一定で「明朗快活」。

それは40歳になっても変わらなくて、明るく前向きなのが、わたしだった。

「誰かにかわいそうと思われたくない。不幸だと見られたくない。」
未来に向かって、無理矢理にでも歩を進める必要があった。

そんな時、たまたま習っていたカードリーディングを商品として提供してみようと思った。

それが、プチ起業に足を踏み入れるきっかけだった。

「自分を活かす」仕事のしかた

1年ほど経った頃、今の仕事の流れができる出来事があった。

受講したセミナーの講師から集客ブログの運用を任された。

独学でSEO対策を学び、記事を書いた。

仕組みを学び、ニーズに合わせて記事を書く。それがとても楽しかった。

ふと思い返すと子供のころの夢は「文章を書く仕事がしたい」だった。
その夢が、期せずして叶ってしまった。

ひと月後、これまでまったく集客の機能を果たしていなかったブログから、20万円のセミナーが売れた。

心底、ほっとした。

彼女のもとで仕事を請負いながら、自分の才能や得意なことを活かして仕事をする方法を教わった。

仕事がどんどん楽しくなっていった。

「とことん自分を使ってみたい」

いつしかそんな気持ちが強くなっていった。

仕事で自分の能力をとことん活かす。そのことに夢中になっていった。

セールスライターになったきっかけ

「ゆっかさん、ステップメールって書けますか?」

2019年の夏、突如、新しい道が開かれた。

依頼されたことは、たとえ経験がなくても、一旦引き受けることにしている。

無謀と思われるかもしれない。

しかし、「鈴木ならこの仕事ができるだろう」と思ってくれたクライアントさんを信じているからだ。

幸運なことに、クライアントさんがプロデュースを受けていた、素晴らしい実績のある元起業コンサルタントの方に、初めてのステップメールを添削してもらえる、という機会を得た。

「かなりいい構成とかなりいい文章です。伸び代はありますが、才能がすごくあります」

それはまるで、少年野球のピッチャーがプロ野球の現役エースピッチャーに褒められたような価値あるひとことだった。

嬉しくて、涙が出た。

「コピーライターは外注しまくってきたけれど、いけてない人が多すぎる。ゆっかさんに頼んで正解だった」

そして、セールスライターとしてやってみようと決意した。

以後、ステップメールやLPなど、web集客のためのセールスレターの執筆代行を始める。

特に、これまで感覚で集客してきた女性起業家のぼんやりとしたマーケティングを明確に言語化にすることで支持されるようになった。

生まれたビジョン

わたしには悩みがあった。

「人は人の熱に動かされる」。

人から支持されるのは、達成したいビジョンに向かって情熱を持って仕事をしている人だ。

それまで、ひたすら自分を活かすことに集中し、クライアントさんに求められることに応えてきた。仕事には全力で取り組んできたし、楽しかった。

けれど、わたしにはビジョンがなかった。
自分の中から強く湧き上がる「やりたいこと」がなかった。

「いつか、ビジョンのようなものが生まれるだろう」

そう思いながらも、強い思いがない自分は、仕事をする上で人の心を動かす強さがないと感じていた。

フリーランスになって4年目を迎える頃、ある思いが湧き上がってきた。

「人のドラマを綴ることで、その人を魅せたい」

どんな人にだって、その人を作ってきたドラマがある。
平凡に見える毎日にだって、ドラマがある。

今の自分の価値観を作ってきたドラマ
仕事のスタンスを作ってきたドラマ
ビジョンを作ってきたドラマ

「そのドラマにこそ、その人の魅力が詰まっているんじゃないか?」

生まれたばかりのビジョンの芽を育てながら、 今後は、ビジネスサポートの枠を飛び出して、ドラマによって「自分を知ってもらう」ことに貢献したいと考えている。

ご提供中サービス 制作実績