イイね♡が増えるエモい文章の書き方とは?

サービス

なんでもない日常を書くだけで、自分らしさが伝わる

イイね♡が増えるエモい文章の書き方教えます

SNSやブログでこんなことありませんか?
  • 価値観が合う人とつながりたいけど、どうしたらいいの?
  • 文章で自分を表現してみたいけど、何を書けばいいかわからない
  • 共感が集まる発信をしたい
  • 書くことがなくて、日記みたいになっている

誰かにとって「価値のあること」を書かないといけないんでしょ。

映えたり、素敵だったり、特別なことじゃないと、誰も興味をもたないんじゃ。

刺さるような尖ったことや、独自の考え方を書かないと見向きもされないよね。

もし、あなたがそんな風に感じているのなら、たしかに、
「自分らしさを伝えるって、何を書けばいいの?」とわからなくなりますよね。

でも、日常の出来事を書くだけで、自分らしさが伝わる文章の書き方があるんです

それが、エモいエッセイです。

エモいエッセイを発信し始めて、わたしに実際に起きたこと

こんにちは。鈴木ゆっかです。

わたしがエモさを感じれられるエッセイをSNSに発信し始めたのは1年ほど前のこと。

「良い反応が、増えている・・・!」

それが、エッセイ投稿を始めてすぐに感じたことでした。

読んでいる人たちからの反応が、明らかに変化したからです。

イイねの数が倍以上になり、共感のコメントが増える

●これまで交流のなかった方から突然「前から気になっていました」とメッセージをもらう

●「投稿からマイワールドが感じられる」と言われる

●Instagramのフォロワー数が自然に増える

その中でも、特にわたしが喜びを感じたことは、「文章が好きです」と何度も言われるようになったことでした。

それまでも「文章がわかりやすい」と褒められることはありましたが「文章が好き」と言われたことはなかったからです。

「文章にわたしの個性が表現されたんだ」と、とても嬉しかったことを覚えています。

文章の何を変えたのか

わたしは、すごい文章の勉強をして、すばらしくセンスのあるエッセイストみたいな文章を書いたわけではありません。

それまでの文章と変えたことは3つだけ

1.特別な出来事ではなくても、自分の心が動いたことを書く

2.話すように書くのをやめる

3.理解してもらおうとせず、感じてもらうことを大事にする

するとわたしの文章が、「情緒的」「エモい」と言われるようになり、共感が集まるようになりました。

わたしに起きたもう一つの変化

エモいエッセイを書き始めたことで、周りの人の反応が良くなっただけでなく、実は自分にも変化が起こりました。

「心が動くこと」に意識を向ける。
日常のささいな出来事をつづる。
すると、自分が何を大事にしているのかをはっきりと自覚するようになったんです。

おしゃれなカフェに行ったり、人から「いいなー」と言ってもらえるような場所に出かけないと、発信するネタにならないのだろうか。

すごく嬉しいことや、すごく悲しいことなど、特別な出来事ばかりを発信するのは、なぜだろう。

つまらない一日のように感じられる日にだって、必ず感情が動くことが起きているはず。
そして、それはどんなに小さくてもドラマであるはずなのに。

「特別な出来事よりも、日常が大事」

それが、わたしが大切にしていることでした。

自分が大切にしている価値観がわかると、発信にも統一した世界観が表れるようになり、ますます「自分らしさ」が色濃く表現できようになりました。

日常の出来事を書くだけで、自分らしさが伝わる理由

エモいエッセイ講座でお伝えする文章の書き方は、一般的な文章術の講座とはちょっと違うかもしれません。

エモいエッセイ講座の特徴

●ワークを通して自分らしさを探します

ワークを通して、何をどう書くかにおいての「自分らしさ」を一緒に探します。

●言語化よりも、感じてもらう文章を

一般的には、想いや考えを「言語化する」ことが大切だとされています。
しかし「感じてもらう文章」だから、日常の出来事からでも自分らしさが伝わります。

また、グループ講座や課題を公開添削することで、他人と自分の違いを知り、「自分らしさ」を見つける手掛かりにしていきたいと考えています。


だから今回は、想いや考えを人に「わかりやすく伝えられるようになりたい」「言語化できるようになりたい」という方の期待には応えられないかもしれません。

でも、「言語化が苦手だけど、自分らしさを伝えたい」という方にとっては、お力になれると思っています。

エモいエッセイ講座0期 講座内容

※本講座は、講座の0期となり、モニター開催となります。あらかじめご了承ください。

●Zoomによるオンライン講義(120分×4回)
つぎの内容を4回の講義で行います。

ー自分らしい文章を書くために必要なこと
ー自分のエモいを見つけよう
ー感じてもらう文章の書き方
ー自分のしっくりを見つけよう
ーエモい表現にするためのテクニック
そのほか、講義毎に文章を書くワークを行う予定です。

※講義やワークの内容に関しましては、今回、モニター開催となるため、その都度みなさんの状況を見ながら、ベストな内容に変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

●講義は、月に1回開催します。

●各回、課題があります。

●月に2回、課題を提出いただき、添削やアドバイスを行います。

概要

■講義回数:全4回

■受講方法:Zoomによるオンライン受講

■受講料:1か月10,000円×4か月 (40,000円 税込
※モニター提供の料金となっております 

■日程:1回目 7月3日(土)13時~15時
    2回目 7月31日(土)にて調整中

第3回目以降は、受講生と相談の上調整いたします。(土曜日もしくは日曜日を予定しております)

■定員:4名満席追加募集2名

■参加条件
1.Facebookアカウントをお持ちである。または、アカウント作成の予定がある

添削や諸連絡をFacebookグループにて行います。

※Facebookアカウントは、無料で作成いただけます。

2.Googleアカウントをお持ちである。または、アカウント作成の予定がある

文章の添削をGoogleドキュメントというオンライン上のテキストファイルにて提出していただきます。

※Googleアカウントは、無料で作成いただけます。
※Googleドキュメントは、パソコンをお持ちでなくても、スマートフォンやタブレットで使用可能です。

3.講座受講中や受講後、アンケートにご協力いただける方

今回の講座はモニター提供となっております。

今後、当講座をより良いものに進化させるためのアンケートにご協力をお願いいたします。