ホームページのコンテンツとは?集客に役立つ3つの理由

HP・ブログ集客

女性の起業家さんは、ホームページにまつわる、あれやこれやにアレルギーを感じてしまう「わたしアナログだから」な方、多いですよね。

きっとそんな方たちの中には、「みんなコンテンツ、コンテンツって言ってるけど、コンテンツってなんのことなんだろう?」と思っている人もいるのではないでしょうか?

そんな方のために、ホームページ集客で知っておいた方がいい「コンテンツ」について詳しく紹介します。

コンテンツとは?

一般的にホームページ内の「コンテンツ」と言うときは、ブログやコラム、お客様にとって有益な情報記事などを指します。

ホームページには様々な情報を掲載しますが、プロフィールやサービス案内、問い合わせは、商品の申し込みに必要な情報ですよね。

それ以外の「読み物」のことを、コンテンツと言います。

ホームページにコンテンツが必要な3つの理由

では、ホームページになぜ、コンテンツが必要だと思いますか?

わたしは、コンテンツには3つのいいことがあると考えています。

コンテンツが必要な理由1 SEO対策

Googleなどの検索エンジンに自分のホームページが表示されるためのSEO対策は、ホームページ集客の強い味方ですよね。

ホームページを作れば、勝手にGoogleに表示されると思っている方も案外多いのですが、ホームページは作って公開するだけでは、Googleには表示されません。

そこで必要なのがSEO対策

SEO対策については、当サイト内でいくつかの記事で詳しく紹介していますが、まずは「「検索に出てこない…」を解決して、ブログから申し込みを増やすには?」を読まれてみてください。

サイト内の記事が多ければ多いほど、様々なキーワードで検索に引っかかる可能性が高まりますまた、Googleはサイト全体で評価していますので、検索に表示されている記事が多ければ多いほど、検索結果に表示されやすいという効果を生みます。

様々な記事が検索結果に表示されれば、それだけ検索経由であなたのホームページに訪問する人が増えるということ。

チラシを100枚配布するよりも、1000枚、10000枚配布する方が、集客できる数は多くなるように、訪問者が増えれば、それだけ、集客できる可能性が高くなる、ということです。

コラムやブログ、お客様にとっての有益情報ページ等、どんな体裁でもいいのですが、「読み物」として、自分の商品やサービスに関連する内容の記事をホームページに掲載することは、検索からお客様を獲得するための武器となります。

実際私のお客様でも、コンテンツが100記事以上公開しているお客様は、検索からの訪問者が多く、集客につながっています。

でも、100記事公開するのは、なかなか遠い道のりですよね。

そこで、まずは30記事の公開を目指してみてください。

コンテンツが必要な理由2 顧客教育

コンテンツマーケティングという言葉を聞いたことがありますか?

コンテンツマーケティングとは、簡単に言うと「コンテンツを使ってお客様に売り込まなくても売れる状態を作る」ための手法です。

お客様が興味のある価値ある情報をコンテンツとしてホームページに掲載し、コンテンツを読み込んでいくうちに、自然とお客様があなたが売っている商品やサービスに関心を持ったり、商品必要性を感じる状態を作ります。

お客様の心理としては、コンテンツからは「あなたに売り込まれた」感じはしません。あなたが無料で様々な情報を提供してくれている、と感じるため、お客様からの信頼を得るなど、良好な関係づくりにひと役かってくれます。

コンテンツが必要な理由3 ファンづくり

コンテンツの中でもとくに、ブログやコラムなどを掲載することで、あなたの価値観、人柄、仕事に対する姿勢を伝えることができます。

ブログを読んでいて、その人柄に惹かれて「会ってみたい」と思う。
お客様にとって価値のある情報を提供することで、「こんなに情報が豊富な人から、教わりたい」と思ってもらえたり。

コンテンツは、商品の良さだけでなく、あなた自身の良さを伝えるのにも、ひと役買っています。

結論:ホームページにコンテンツはあった方がいい

コンテンツは、ホームページ集客で必須だとわたしは考えています。

また、SEO対策の観点からも、ホームページがあるのにアメブロを新規で作成して、ブログをアメブロを使用するのも、個人的にはナンセンスだと思っています。

アメブロを長く使っていて、読者もたくさんいるのなら話は別ですが、アメブロからほとんど集客していないのであれば、ブログもホームページ内にコンテンツとして掲載することをお勧めします

また、読者がついている場合も、SEO対策に使えそうな記事(お客様に価値ある内容)は、ホームページに引っ越して、プライベートな内容はブログとしてアメブロを使用する、という方法もあります。


ホームページのコンテンツ制作にお困りでしたら、無料のオンライン相談をご利用ください。ホームページに掲載する、あらゆる文章の制作代行を行っております。